貿易事務の求人を見つける【海外営業としての活躍も期待】

タクシー

資格がなくても採用

人口が多い東京ではタクシー需要が多いため、未経験で資格を持っていない方でも応募できるところが少なからず存在します。未経験でも応募が可能な求人の場合は経験は重視していないので、やる気をアピールしていけば採用されることは不可能ではありません。

国際取引で活躍しよう

パソコンを操作する人

重要な役割

海外と取引する事を「貿易」と言いますが、その業務を支えているのが貿易事務です。貿易事務の仕事は見積り作成から通関のための書類作成、配送や海外、国内取引先とのやりとりなど多岐に渡ります。働く会社により役割は異なるものの、英語を使用する部分は共通です。文化やルールが異なる取引には多数の確認事項が存在します。麻薬や武器など国際取引で禁止されているものはもちろんのこと、法令に関する知識と時間内に仕事を終わらせる管理能力が求められます。貿易事務は一般事務に比べて専門性が求められるため、これから貿易事務の仕事につきたい人は貿易実務検定の資格、英語力、通関士などをあらかじめ勉強しておくと有利です。もちろん本や知識だけでなく実務経験が評価されますので未経験の人はまずはアルバイトや派遣でも海外取引で経験が積める会社を選びましょう。インボイス、パッキングリストの作成や英文メールは最低でも習得しておくと実務に入りやすいです。正社員よりも派遣の方が募集が多い職種ですが、スキルと資格があれば食いっぱぐれのない将来性の高い職種でもあります。人手不足と言われている業界な為、細かい作業をひとつひとつ正確に迅速にこなしていく人に向いています。また個人で輸出や輸入を行いたい人にとっても避けては通れないのが貿易知識です。貿易事務の担う役割はそれらを網羅している為、交渉力もついてくれば、海外営業としての活躍も期待できます。

履歴書

事務系の採用情報

スピーディーに秘書の仕事を探したいときに便利なのは、外資系企業や未経験者歓迎の求人も充実している、派遣会社のサービスです。コンサルタントと相談できるのが、求人サイトのセールスポイントであり、本社勤務の仕事もスムーズに探せるでしょう。

タクシー

事業を始めるための条件

法人によるタクシー会社とは別に、個人事業主として運営する個人タクシーが存在しますが、事業を開始するためには一定の要件と資格が必要になります。資格だけでなくいくつかの要件をクリアする必要がありますが、多くは時間が必要となるので安易に事業開始というわけにはいかないようです。

面接

選び方のポイント

ベトナムは経済成長が著しいので現地で働きたいという人も多いです。転職サイトや求人サイトに登録するのがおすすめです。現地にいるのならば日系企業が狙い目で、日本にいるのならばベトナムに駐在員を派遣するような企業を目指すのがよいでしょう。

男性

高収入が大きな魅力

貿易事務は貿易に関わる事務仕事を行う職種で、比較的高収入であること、語学力を向上させられること、通関士などにスキルアップも可能であることなどが大きな魅力です。未経験OKの職場もありますが、事務の経験やパソコン操作は必須なことが多いので注意が必要です。