貿易事務の求人を見つける【海外営業としての活躍も期待】

事業を始めるための条件

タクシー

時間が必要となる要件

街中を走るタクシーの多くは会社に所属しており、企業のロゴを貼っているのを見かけます。ですが、一部ではタクシー会社には所属せず、個人タクシーとして運営している人もいます。個人タクシーは文字通り個人でタクシー事業を運営する方法で、法人企業とは異なり、いわゆる個人事業主にあたります。個人事業主になるのだからすぐに個人タクシーが開始できるというわけではなく、いくつかの条件をクリアしなければ事業を開始することもできません。まず重要な要件として、事業開始のための許可を取得する必要があり、これには新規で許可を受けるのと、すでに個人タクシーの許可を受けている事業者から譲渡してもらう2つの方法があります。どちらの方法をとるにしても必要な資格や基準が定められているので、これらをクリアすることが必要になってきます。資格として第二種運転免許を必要としており、さらに許可を取得する際の基準はタクシーなどの運転経歴が10年以上、10年間の無事故無違反、申請の時点で65歳未満の年齢制限と開業のための一定の資金を用意しなくてはいけません。この中でも大きなハードルとなるのが、10年という年月を要する運転経歴と違反歴でしょう。運転経歴に関しては法人タクシーで働いておけば自然とクリアできるものですが、違反歴はそう簡単にはいかないようです。そうした理由から個人タクシー事業者の平均年齢が高齢化しており、業界全体でもドライバーの不足が問題視されているようです。